人気ブログランキング |


伝説のブロガー再降臨


by super8h

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

記事ランキング

最新の記事

寒い三月
at 2019-03-24 19:11
リベンジ七条通り
at 2019-03-23 07:49
京都西部放浪記
at 2019-03-21 09:37
全種類制覇
at 2019-03-09 09:18
お伊勢参り
at 2019-03-02 20:24
スーパームーン食べ歩記
at 2019-02-21 11:43
顔診断2019
at 2019-02-19 22:39
自力エステ(コルギ・骨気)
at 2019-02-19 22:02
ポールシェリー
at 2019-02-17 21:14
進化版健康オタク
at 2019-02-17 20:46
まさかの軍配
at 2019-02-17 09:52
空の法話の第二層について
at 2019-02-06 10:13
ポールのバスオイルの効果
at 2019-02-06 09:29
人生が変わるほどのバスオイル
at 2019-01-31 08:58
ポールに首ったけ
at 2019-01-24 20:20
今年の漢字
at 2018-12-25 17:10
本日の顔
at 2018-09-29 22:06
食欲の秋
at 2018-09-28 18:35
今日の日記
at 2018-09-27 10:37
Beauty
at 2018-09-26 11:07

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 07月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

カテゴリ

全体
はじめに
日々
活動
音楽
小説
ピンチハンガー事件
嗜好品
神話
音界
数霊
ニュース
ポールシェリーバスオイル
Beauty
ムドー野田
ア菅
3行日記
花々凛々

キース先生
未来
農園生活
中島敦
もふもふ
実践
神示

外部リンク

最新のトラックバック

ライフログ

フォロー中のブログ

メモ帳

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

メンタル
スピリチュアル

画像一覧

オカルト(wikiより抜粋)

概要は、太字の前後で大体の意味はとれます。
オカルトは羅: occulereの過去分詞「occulta」(隠されたもの)を語源とする。

この語はヨーロッパにおいては、論敵にレッテルを貼るために使われてきた歴史を持つ。特に正統派を自認している側から、そうではない側をこの名称で呼ぶことが行われた。ただし、その正統派が誰なのかという点は時とともに変遷する。

例えば、アイザック・ニュートンが「万有引力」を提唱した時には同時代の学者たちから“オカルト・フォース”を導入しているとの非難が浴びせられた。だが、その後はニュートンの説のほうが次第に正当との扱いになり、“オカルト”ではなくなり、レッテルを貼っていた側のほうが非正統派となってしまったわけである。またこの事例は自らの理論体系・知識体系がその一部に(万有引力のようにまさしく)「目で見たり触れて感じたりすることのできないこと」を含んでいても、論者自身は通常それを“オカルト”とは呼ばないものであるということも示している。

そもそもこの語がこのような使われ方をする別の理由としては、立場が異なる知識体系の内容はそれがどんなものであれ大抵はとりあえず慣れないうちはひどく意味不明であり、まるで得体の知れないものを扱っているように感じられることから、“隠されたもの”という語があればその語を用いて非難してしまいたくなるという人間の心理上の事情もある。宗教や信仰の分野においてもそのような原理は働いており、自らの信仰体系とは異なるものは即「オカルト」と呼ぶことにもつながる。

実際、キリスト教が正統派とされていた(あるいは自身でそう自認できた)19世紀のヨーロッパにおいて、いわゆる“正統派キリスト教会”の信仰体系とは異なる信仰体系(異教)が復興してきた時には、それが「オカルト」と呼ばれることになった。

この歴史の影響から「19世紀以降の、正統キリスト教以外の平常の生活から隠された人間の知識を超えた神秘の研究とその結果である神秘主義体系がオカルティズムと呼ばれる」と解されることもある。

もっとも上述の心理的原理により、その後この「オカルト」という語は拡張的に利用されてゆくことになった。後年、自然科学の分野が発展すると、自らを“正統な科学”の担い手と自認する勢力が自らとは異なる手法を「オカルト」と呼ぶことも起きた。今日では伝統宗教からはずれた“異端”宗教、民間宗教、宗教的俗説のようなものに限らず、単に「一般的でない知識」まで「オカルト」と呼ばれることが多い。

日本では、このような知識についての記事が学習研究社の児童用雑誌に掲載され好評であったため、そこからスピンアウトした同社の雑誌『ムー』により人々に広く知られるところとなった


・・以上、『occult』≒『alter』ってとこでしょうか。なんら恥ずべき思想でもありませんし、

『オカルト』=『頭おかしい』『情けない人間』のレッテルはどこにもないですね。アホなんじゃないかな。

でも勉強になりました^^。ついでにまたキリスト教の話が出てきた し(w)正に偶然=必然

いわゆる“正統派キリスト教会”の信仰体系とは異なる信仰体系(異教)が復興してきた時には、それが「オカルト」と呼ばれることになった。

という訳で、いわゆる”正統派キリスト教会”が、何らかの利害関係の利益のために使った
常套句って訳ですね。ちょっと出てきて謝って欲しい位ですね~。

まぁ、現在崩壊中ですから、神の御名において、許すとしますよw((((*ToT*)†~~~アーメン

今度ヒマがあったら、『情けない人間』『アーメン』でも調べてみよう。何が出るやら・・ガクブル
レプティ○アンでも出てきそうだ・・情け容赦ないしな。人間ですらないが・・。クローンか・・

(アカン・・ヤバイ・・黒い影が三度も四度も横切ってきた・・怖いよ~)(速攻抜き字に変更する俺チキン・・)
by super8h | 2011-02-24 16:33 | 日々