伝説のブロガー再降臨


by super8h

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

記事ランキング

最新の記事

彼岸入り
at 2018-09-17 09:26
憧れのデ杯
at 2018-09-15 19:59
一目惚れ2018
at 2018-09-14 19:29
ご褒美
at 2018-09-07 08:57
2018.8.8
at 2018-09-05 13:01
美しい人
at 2018-09-01 10:41
最近のようつべルーチン
at 2018-08-25 13:32
大建て替え迄
at 2018-08-22 10:34
やっぱりNIRVANAが好き
at 2018-08-12 21:34
ピンチハンガー後日談
at 2018-08-06 13:08
新時代どうでしょう
at 2018-08-05 20:40
瞑想する訳
at 2018-07-25 20:28
最近
at 2018-04-01 17:30
北野梅苑
at 2018-03-26 10:03
私の有馬日記
at 2018-03-23 13:41
世界が呼びに来た
at 2018-03-23 12:49
彼岸過迄
at 2018-03-23 12:23
ラグナロク
at 2018-03-14 09:40
CDは買いませんでした。
at 2018-03-14 09:29
おすすめ小説
at 2017-07-12 09:43

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 07月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

カテゴリ

全体
はじめに
日々
活動
音楽
小説
ピンチハンガー事件
嗜好品
神話
音界
数霊
ニュース
ムドー野田
ア菅
3行日記
花々凛々

キース先生
未来
農園生活
中島敦
もふもふ
実践
神示

外部リンク

最新のトラックバック

ライフログ

フォロー中のブログ

メモ帳

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

メンタル
スピリチュアル

画像一覧

たぶんサブリミナルの事

読んでほしいのは、抜き時字部分のみですが、文脈の都合上全文掲載しました。
読み易いように、毎回抜き字抜粋してあげてるけど、それでも読めないなら、もうお姉ちゃん
君たちの事あきらめるよ?(旦那に音読してもらえ・・)

三行以上の漢字の入った文は読めんとか言わんといてよ。メールじゃないんだから。
日本人の文盲甚だしく、辛うじて読める私に三島が化けて出てくるなんて世も末だがな。
私にブログやれって言っといてさ~、誰も読まないなんてどいこっちゃオリャ!
以前のさ、ご飯とかお菓子とか撮った自己満ブログのままが良かった?
スンマセンナ、思惑外れて・・

知恵と最低限の読解力(=想像力)つけないと、いつまでも傀儡のままだよ(←この字読めないだろ?)。
だって
トカゲ達のほうが頭がいいんだから。だまされつづけるよ。

~文芸春秋1月号から引用  近藤誠(慶応大学医学部講師)

(ヘルス・レター 2011.1月号 第172号より転載)


【専門家たちは当然気づいている。気づいていなければ専門家の資格・能力はない】
 近藤誠氏が久々に、タブーに挑戦している。抗がん治療に相も変わらず抗がん剤治療を施している医療に物申す。『ガンには抗がん剤、そして転移がんの標準治療にも抗がん剤、という社会通念があります。
 それゆえ、近年がんにかかられた方や再発した方の多くが治療経過のどこかで抗がん剤治療を受けていることでしょう。』
 確かに、ある種の「血液がん」では、第一に選ばれるべき標準治療といえるが、一般の悪性腫瘍といわれる塊を作る【固形がん】では、たいした効力がないにもかかわらず、抗がん剤が標準治療の座に格上げされたのはこの十数年の出来事。
 しかもこの間、使われる抗がん剤の種類・内容に大きな変化はない。
 変わったのは専門家たちの言い様で、『「抗がん剤に延命効果がある」「抗がん剤が標準治療と声高に主張するようになったのです。
 その結果は、一般大衆はもちろん、相当の知識人や学者でも、抗がん剤が標準治療と思い込む。
 しかし、固形がんで抗がん剤を標準治療とするのは間違いで抗がん剤には患者を延命させる力はないのです。
 (中略)ところが近年、専門家たちは「抗がん剤の進歩によって寿命が延びた」と主張しています」』また医療者側は『転移性大腸がんは、(生存期間)中央値が90年代に12ヶ月前後だったのが、その後の新薬導入に伴い、20ヶ月前後に延びているというのです。
 しかし、この主張は、重要な事実を無視しています。検査法が格段に進歩し、発見される転移病巣が、だんだん小さくなってきたと言う事実です』
 
近藤誠氏は、ここで重要なそして決定的な利害関係にも及んでいます。
 
つまり、『そして研究者と製薬会社との経済的結びつきの強さ』を指摘しています。日本人の考えも及ばない人間心理の操縦法を使った見えない外国機関に弱点を鷲づかみにされているのは、医療だけでなく、日本の防衛問題にまで口を挟む軍事産業、報道メディアも政府を弱体化させることばかり書き立てて本当の犯人から目をそらせているところは、最高の立役者かも知れない
 絡み取られた、あなたの健康を売り渡さないためにも、自分の体の防衛策を、今年こそ安保理論で勉強しましょう。
[PR]
by super8h | 2011-02-27 07:15 | 日々