伝説のブロガー再降臨


by super8h

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

記事ランキング

最新の記事

彼岸入り
at 2018-09-17 09:26
憧れのデ杯
at 2018-09-15 19:59
一目惚れ2018
at 2018-09-14 19:29
ご褒美
at 2018-09-07 08:57
2018.8.8
at 2018-09-05 13:01
美しい人
at 2018-09-01 10:41
最近のようつべルーチン
at 2018-08-25 13:32
大建て替え迄
at 2018-08-22 10:34
やっぱりNIRVANAが好き
at 2018-08-12 21:34
ピンチハンガー後日談
at 2018-08-06 13:08
新時代どうでしょう
at 2018-08-05 20:40
瞑想する訳
at 2018-07-25 20:28
最近
at 2018-04-01 17:30
北野梅苑
at 2018-03-26 10:03
私の有馬日記
at 2018-03-23 13:41
世界が呼びに来た
at 2018-03-23 12:49
彼岸過迄
at 2018-03-23 12:23
ラグナロク
at 2018-03-14 09:40
CDは買いませんでした。
at 2018-03-14 09:29
おすすめ小説
at 2017-07-12 09:43

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 07月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

カテゴリ

全体
はじめに
日々
活動
音楽
小説
ピンチハンガー事件
嗜好品
神話
音界
数霊
ニュース
ムドー野田
ア菅
3行日記
花々凛々

キース先生
未来
農園生活
中島敦
もふもふ
実践
神示

外部リンク

最新のトラックバック

ライフログ

フォロー中のブログ

メモ帳

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

メンタル
スピリチュアル

画像一覧

光子と”空”の法話

光子出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

光子(こうし、フォトン、photon)は、光を粒子として扱う場合の呼び名である。

電磁相互作用を媒介するゲージ粒子であり、素粒子物理学においては記号 γ(ガンマ線に由来する)、光化学においては記号 hν(後述する光子の持つエネルギーを表す式から来ている)で表されることが多い。

アルベルト・アインシュタインがマックス・プランクの黒体放射の量子仮説を基にして、電磁波の粒子的な側面を説明するために導入した光の量子である。アインシュタイン自身は光量子 (light quantum) の名前で提唱していた。

光子1個の持つエネルギー Eは、プランク定数 h、振動数 ν、光速度 c、波長 λ を用いて

(式:表記不可なのでWiki参照されたし)

で表される。光電効果は物質中の電子が、光子1個を吸収し、そのエネルギーを自身の運動エネルギーとして物質から飛び出す(もしくは半導体等の伝導帯へ励起される)現象として説明される。

また、光子はその進行方向に大きさ

(式:表記不可なのでWiki参照されたし)

の運動量を持つ。コンプトン効果はこの運動量を持つ光子と電子の弾性散乱として説明される。

光子は質量や電荷が0であり、安定な素粒子である(崩壊寿命がない)。光子の反粒子は光子自身となる。また光子はスピン1を持つボース粒子である。角運動量保存則のため、光子の吸収、あるいは放出の前後には系の角運動量がこのスピン角運動量の分だけ変化しなくてはならない。このことが電磁波の吸収における状態遷移が起こりうるか否かを決定する選択律の原因となる。

電磁波の吸収が起こる過程においては通常は1個の光子のみが吸収されるが、レーザーのように光子密度の大きな電磁波を用いると複数の光子が吸収されることもある。このような過程は多光子過程と呼ばれる。


【九つから成る“空”の概念について】

空の第九層目 “静謐”(せいひつ)・・・全てのものが、役割を終え、そこに帰る領域。
                        (≒無 ※無ではないが極めてそれに近い。)
空の第八層目 “還”(かん)・・・“真創”に至る二つ前の段階。 
                    (物事が“始まり”を生ずる、状況(きっかけ)を生み出す場。) 
空の第七層目 “生”(しょう)・・・“真創”に至る一つ前の段階。
                    (真創に至る状況(きっかけ)を成立させるための働き。 )
空の第六層目 “真創” (しんそう)
空の第五層目 “流”(りゅう)・・・真創から生成したものに秩序を与える。
空の第四層目 “間”(かん)・・・流の働き(秩序)に対して停止を与える。
                    → “逆法”の始まりはここから。
空の第三層目 “美”(び)・・・間によって停止された秩序を破壊する働き。(※美術鑑賞は、その
                   作品の奥に潜む本質を破壊することにあることの由来。)
空の第二層目 欠番・・・ある仏様(多目天?)の働きによりまして、第二の層はこの宇宙から消去
               処分にされてしまいました。よって、元の意味はわかりません。
空の第一層目 “死”(し)・・・文字通りの死。秩序に最大限の停止を与えた、最も象徴的かつ強
                  調された状態。


上記’空’の法話は、第一層目から↑順にたどっていく方が、意味はとりやすいです。

にしても、’美’の解釈は超難解(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

二層目が永久欠番(w)だからヒントもナシ。’死’の上にあるのが’美’で、’美’は’間’によって停止された

秩序を破壊する動き・・。もう言葉を超えた超感覚の世界ですね。言葉(意味)を破壊するのが’美’かな。

いや、やはり(停止された)’秩序’の方ですね。

INXSの『The GIFT』を参照されたらわかりやすいと思う。

何故’光子’と繋げたかというと、どうも光子と電子の働きが、’空’の第七・八層目と呼応してると思う。

私が、スピリチュアルに絡め取られた要因の謎が、無着(むじゃく)の「摂大乗論」という本で、

(自分では絶対読む本ではないのだが、例の三島の豊饒の海シリーズに何度も登場するので、)

その中の難解用語’同時相互因果’というのが、やはり物質の酸化還元反応に呼応する気がする、

というのも、元からあったので。

 ちなみに、この内容を理解しようと努力したら、’悟って’しまった記念すべき第一回目(w)。

詳しく書くと、本の主人公本多(おそらく三島自身)の、「知るということを覚えると美しくはいられない」

という、認識の地獄。知るという行為が老いを象徴する酸化反応なのであれば、

美=無に帰す=浄化=還元反応でないのか、という仮定。

だったら、人生の本質は、’知って’老いるためにあるのではなく、ただ’生きて’いさえすればよい。

これが私が最初に得た結論でした。

(もちろん、ただただ'生きる’のみでも自由、何かの為に'生きる’のも、ご自由でございますよ。

ここでの’生きる’は、単に生命維持活動の継続のみではないです。それすらも自由ですが)

だから、このブログも、かなーりの酸化’スッパイ’ブログ(イヤーン)。知識の追求は酸化の象徴、サタンの

専売特許だからね~(ケケケ:KKK)。どうせ死んだら全部'知れる’らしいんだから。

生きてる間は、’美しく’生きましょう☆彡
[PR]
by super8h | 2011-03-01 21:27 | 日々