伝説のブロガー再降臨


by super8h

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

記事ランキング

最新の記事

彼岸入り
at 2018-09-17 09:26
憧れのデ杯
at 2018-09-15 19:59
一目惚れ2018
at 2018-09-14 19:29
ご褒美
at 2018-09-07 08:57
2018.8.8
at 2018-09-05 13:01
美しい人
at 2018-09-01 10:41
最近のようつべルーチン
at 2018-08-25 13:32
大建て替え迄
at 2018-08-22 10:34
やっぱりNIRVANAが好き
at 2018-08-12 21:34
ピンチハンガー後日談
at 2018-08-06 13:08
新時代どうでしょう
at 2018-08-05 20:40
瞑想する訳
at 2018-07-25 20:28
最近
at 2018-04-01 17:30
北野梅苑
at 2018-03-26 10:03
私の有馬日記
at 2018-03-23 13:41
世界が呼びに来た
at 2018-03-23 12:49
彼岸過迄
at 2018-03-23 12:23
ラグナロク
at 2018-03-14 09:40
CDは買いませんでした。
at 2018-03-14 09:29
おすすめ小説
at 2017-07-12 09:43

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 07月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

カテゴリ

全体
はじめに
日々
活動
音楽
小説
ピンチハンガー事件
嗜好品
神話
音界
数霊
ニュース
ムドー野田
ア菅
3行日記
花々凛々

キース先生
未来
農園生活
中島敦
もふもふ
実践
神示

外部リンク

最新のトラックバック

ライフログ

フォロー中のブログ

メモ帳

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

メンタル
スピリチュアル

画像一覧

NZ地震トラウマで家庭内暴力が急増

NZ地震トラウマで家庭内暴力が急増
ニューズウィーク日本版 3月1日(火)20時52分配信

クライストチャーチのDV事件は被災後50%も増えている。被災のストレスが暴力を生むメカニズムとは──

 ニュージーランド・クライストチャーチ市の地元警察によれば、2月22日の大地震以降、市内では家庭内暴力(DV)事件数が50%以上増加した。

「原因は、先週火曜に起きた地震のストレスとトラウマであることは明らかだ。その後も続く余震が肉体的・精神的疲労を増幅させている」と、警察署長のデーブ・クリフはAFP通信に語っている。「だが、家庭内暴力はいかなる状況でも許されるものではない。個々のケースが最悪の事態に発展するのを防ぐことが重要だ」

 クライストチャーチを襲ったマグニチュード(M)6.3の地震で市街地の建物はことごとく崩壊。街のシンボルである大聖堂も一部崩れ落ち、電話回線は遮断され、空港も閉鎖された。死者は少なくとも154人に上り、現在も数百人が行方不明のまま。ニュージーランドのジョン・キー首相は、今回の地震は「ニュージーランド史上、最も悲劇的な出来事となるかもしれない」と語った。

 クライストチャーチでは昨年9月、M7.0の大地震が発生。その後も5000回以上にわたる余震で、住民の多くが精神的苦痛を負っていた。昨年9月以降、市内では自殺やストレス絡みの問題が増加したとの報告もある。今回の地震が被災者のストレスを増大させたことは間違いない。


50%以上の増加は余りに’不自然’な現象であると言えます。

それは何故かと言うと、この地震自体が、’自然災害’ではないという証拠ではないでしょうか。

プラズマ兵器であるHAARPは、人の脳にまで作用を及ぼすとされています。


また’男性’が如何に変化に対応できないかが、伺い知れます。

このまま食料危機が訪れれば、女性、子供を殺して喰いかねないのが男性です。

男性というか、ここまでくれば熊類の生態と同じ、ケモノです。だから、草食系男子、マンセー。

そこまでしての、自己の生存本能優先には、頭が下がります。人間の誇りはどこへ行った?

すべて’仕組まれた’肉食のせいです。

信じられへん?もいっかい量子力学からやり直してこい。何度言わせんねん。自分で勉強してこいや。
[PR]
by super8h | 2011-03-02 12:12 | 日々