人気ブログランキング |


伝説のブロガー再降臨


by super8h

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

記事ランキング

最新の記事

増税前カウントダウン
at 2019-09-29 12:20
暁の寺
at 2019-09-16 11:14
寒い三月
at 2019-03-24 19:11
リベンジ七条通り
at 2019-03-23 07:49
京都西部放浪記
at 2019-03-21 09:37
全種類制覇
at 2019-03-09 09:18
お伊勢参り
at 2019-03-02 20:24
スーパームーン食べ歩記
at 2019-02-21 11:43
顔診断2019
at 2019-02-19 22:39
自力エステ(コルギ・骨気)
at 2019-02-19 22:02
ポールシェリー
at 2019-02-17 21:14
進化版健康オタク
at 2019-02-17 20:46
まさかの軍配
at 2019-02-17 09:52
空の法話の第二層について
at 2019-02-06 10:13
ポールのバスオイルの効果
at 2019-02-06 09:29
人生が変わるほどのバスオイル
at 2019-01-31 08:58
ポールに首ったけ
at 2019-01-24 20:20
今年の漢字
at 2018-12-25 17:10
本日の顔
at 2018-09-29 22:06
食欲の秋
at 2018-09-28 18:35

以前の記事

2019年 09月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 07月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

カテゴリ

全体
はじめに
日々
活動
音楽
小説
ピンチハンガー事件
嗜好品
神話
音界
数霊
ニュース
ポールシェリーバスオイル
Beauty
ムドー野田
ア菅
3行日記
花々凛々

キース先生
未来
農園生活
中島敦
もふもふ
実践
神示

外部リンク

最新のトラックバック

ライフログ

フォロー中のブログ

メモ帳

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

メンタル
スピリチュアル

画像一覧

暁の寺

私が生きていられるものの理由のうち、いちばん重要な日付は4月5日であって、その次、若しくは最も重要かもしれない日付が、9月15日であります。

光線の陰りが、木々の爛めきが、いちばん好きな頃が常に9月15日でありました。

その一年でも最も好きな、素敵な日を、今年は一人帰郷して、太陽が丘で過ごしました。

そんな心のざわめきを、三島先生が大変美しい比喩で表現してくださった一説を発見致しましたので、タイピング練習がてら、書写したら意外と

むっちゃ長くて驚いたけど、電子版にも書き置きます。

先生!私は美があるから生きてゆけます。死の方には行きません。半分、女ですもの(笑)

「芸術というのは巨大な夕焼けです。一時代のすべての佳いものの燔祭です。
さしも永いあいだつづいた白昼の理性も、夕焼けのあの無意味な色彩の濫費によって台無しにされ、永久につづくと思われた歴史も、突然自分の終末に気づかせられる。
美がみんなの目の前に立ちふさがって、あらゆる人間的営為を徒而(あだごと)にしてしまうのです。

あの夕焼けの花やかさ、夕焼雲のきちがいじみた奔逸を見ては、『よりよい未来』などというたわごとも忽ち色褪せてしまいます。
現前するものがすべてであり、空気は色彩の毒に充ちています。何がはじまったのか?何もはじまりはしない。ただ、終わるだけです。」

「夕焼けの本質などというものは存在しません。それはただの戯れだ。あらゆる形態と光と色との、無目的な、しかし厳粛な戯れだ。ごらんなさい、

あの紫色の雲を。自然は紫などという色の椀飯振舞をすることはめったにないのです。」

「夕焼けは迅速だ。それは飛翔の性質を持っています。夕焼けはともすると、この世界の翼なんですね。花蜜を吸おうとして羽搏くあいだだけ虹色に閃く蜂雀の翼のように」

んでまた、書写中のBGMが、たまたまラヴェルの「水の戯れ」「水の精」。高尚やわ~。シンクロが起きやすいのもこの季節。



















by super8h | 2019-09-16 11:14 | 小説